top of page

どうして妊娠線ができる?と、予防におすすめな植物油

こんにちは。佐衣子です。


先日、お客様から

妊婦さんへ妊娠線を予防するようなものをプレゼントしたい

というご依頼をいただきました。


妊娠線、そもそもなんでできてしまうのか・・?

できる人とできない人の違いは??


これは、あくまで私の見解ですが

今まで診てきた妊娠線が残っている方の多くが

気虚タイプでした。


気虚って何か?っていうと

簡単に言えばエネルギー不足。


息切れしやすい、疲れやすい、風邪をひきやすい・・などの症状が強くみられるようなとき。


特に妊娠中は、お腹の赤ちゃんにたくさんの気や血が集中します。

もともとのお母さんの身体のベースが気虚タイプだと

自身の身体の変化にエネルギーが追いつかず、皮膚が裂けてしまう💦

それが、妊娠線です。


もちろん原因はこれ一つではなく、

血の不足や水(津液)の不足も関係しますので、個人差があります。


特に気虚タイプの方に多くみられるので

思い当たる方は、疲れたら休む、いや、疲れる前に休むくらい身体を労わってあげるのが〇


それ以外にも、気虚タイプは胃腸の不調を抱える方も多いので

そちらも併せてケアしてあげることが妊娠線予防につながります。



で、長くなりましたが、

今回のご依頼の妊娠線予防アイテム!


私が選んだのは、アプリコット油とスイートアーモンド油でした。




どちらもオレイン酸を多く含み、肌を柔らかくする作用が期待できます。

皮膚を柔らかく保つことで、急激な皮膚の伸びにも対応できるように。

どちらかというと、アプリコット油がさっぱり、

スイートアーモンド油がしっとり、という感じ。


赤ちゃんにも使えるので、よだれかぶれやオムツかぶれなど

またはママのおっぱいケアにも!

産後も活躍できる植物油です。


そして妊娠期間中、お腹をやさしくトリートメントする時間自体が

妊婦さんにとって安らぎの時間になれば、それが一番の妊娠線予防になるかもしれません。


どうぞ喜んでいただけますように!










最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page